あそぶ

映像や空間、さまざまなメディアを使い、子どものころのあそびに着想した体験型の作品を展開し続けるplaplax(プラプラックス)が、いわさきちひろの水彩技法や斬新な手法で楽しみながら新境地を模索した絵本づくりを手がかりに、「あそぶ」をキーワードとした展示を形にします。