子どものへや

いわさきちひろが子どもたちの絵を描いていた時代から、「子ども」という存在が時代を経ても変わらない一方で、子どもを取り巻く社会や環境は大きく変化してきています。子どもが安心して、のびのびといられるのは、どんな「へや」なのでしょう?本展では、建築、インテリア、家具などさまざまな領域を横断しながら活動しているトラフ建築設計事務所が、いわさきちひろの絵から発想し、いわさきちひろの世界が体感できる「子どものへや」を提案します。